我が子にいつ、何を習わせるべきか悩んでいるママ達へ

カテゴリ学習・受験 対象年齢投稿者りんごママ

幼児教育の選択に正解は無い、自分の選択を信じよう

イメージ1

最近は幼い年齢(0歳〜1歳)でも幼児教室に通わせている家庭が増えている。
英語、音楽、スイミング、ダンス、ゴルフ、テニスなど沢山のカテゴリが用意されており何を選択すれば良いのか悩んでしまう。本当に習い事をさせるべきなのかと、疑いたくなってしまうこともある。

各世帯あたりの幼児教育に掛けている(掛けられる)教育費は5,000〜10,000円程で、上記の各カテゴリの月謝もほぼそれと同額の為、沢山のカテゴリの中から我が子に習わせたい1つを選ばなくてはいけない。
選択方法を沢山ある、もちろん何を習わせるかも大事だが、場所はどこで、どんな子達と一緒に、どんな先生に、など悩めるポイントが沢山ある。
親は沢山情報を集め、我が子の為に最適な環境を用意するのである。

もしかしたら、これらの情報収集に疲れたり、沢山の選択肢を前にして頭を抱えているママ、パパも沢山いるかもしれない。そもそも家計を考え、何か習い事をさせることにためらいを持っているママ、パパもいるかもしれない。

幼児教育を検討する理由は『我が子が成長し、幸せな人生を歩んで欲しい』と願うからだと思う。何を習わせようが、どこで習わせようが、誰と習わせようが、誰に習おうが、結局は親である私たちが、幼児教育の目的を明確に持ち、それを幼児教室に託すのではなく、あくまでも教育のサポート役として利用し、性格や価値観などの人格は私たち親が責任を持って育てるのだという意識を持つことが重要である。
親がその意識を持っていれば、どの選択をしても子供の成長に大きく繋がることだと思う。
要は幼児教育の重要性が言われ、選択肢が広がる中でも『教育指導者の主は我々親であり、幼児教室はサポート役である。』という考え方も大切なのではないだろうか。

投稿者:りんごママ


新着幼児教室
新着幼児教室

公式Twitter

ぺージ一番上へ